不安神経症 克服

不安神経症は、普通の状態とは異なるその場の状況には合わない強い不安に襲われ、呼吸困難やめまい、
動悸、手足のしびれなどが生じる病気です。

 

この発作によって引き起こされる不安が、「死んでしまうかもしれない」「このまま動けなくなって
呼吸もできなくなる」などの新たな不安を呼び、どんどん不安になってしまいます。

 

この発作自体30分程度で収まり、発作によって呼吸ができずに死んでしまったりすることはありません。

 

ただ、厄介なのは、突発的に起こるということで、「いつ起こるか分からない」不安から、人前で発作を
起こしたくないために人込みを避けるようになったり、逆に1人でいることが不安になって、付き添って
もらわないと外出しにくくなったりする2次的な障害が起こってしまい、鬱を併発する場合もあります。

 

不安神経症を克服する場合のポイントは、「いつ起こるか分からない」ものを抑えるだけでなく
「起こったときに対処できるようにしておく」ということです。

 

具体的に言うと、不安神経症の場合は、薬が良く効くということが分かっています。

 

発症したとしても、対応できることが分かっていれば、日常の不安も減少しますし、発作が起こっても
深みにはまらず抜け出すことができます。